そろそろお肌の曲がり角を意識!

 

20代の頃には「まだ若いから」ということを言い訳に、スキンケアを怠ってしまう方もいらっしゃいます。
飲み会や残業で帰りが遅くなれば、メイクしたまま眠ってしまったり、洗顔をしてもスキンケアをさぼってしまったり・・・
だけど、それが通用しなくなるのが30代の肌なのです。

 

30代になると物足りなくなる化粧品

20代の頃には、さっぱりした化粧水でも十分潤いを感じられたという方も、30代になると一気に乾燥肌や敏感肌になってしまうことがあります。
これは、年齢と共に様々な肌内部の成分が減少していっているからです。

 

30代はまさにお肌の曲がり角。
これまで使ってきた化粧品が物足りなく感じられ始めたら、より保湿力の高い化粧品を選び、肌力を維持する努力をしましょう。

 

「予防」の観点で化粧品選びを!

アンチエイジングというのは、本来は抗老化という意味合いの強い言葉です。
人が年齢を重ねることは、完全に防ぐのは不可能です。
そこで年齢に伴い現れてくる様々な肌悩みを、できるだけ予防するという観点が大切です。

 

より上の年代になれば、シワやシミを薄くする、といった効果を求めるアンチエイジング化粧品選びがメインになってくるのですが、30代では、まず「予防」という観点で選んでみましょう。
特に不足しがちな成分を補給できるような化粧品選びが大切です。
お肌の曲がり角と言われる30代を、曲がり角にしないために、しっかり基礎化粧品を見直し、これまで以上に丁寧なスキンケアを行いましょう。

関連ページ

保湿力重視で基礎化粧品選び!
30代になって現れてくるお肌の違和感の1つに、「乾燥」や「敏感肌」などがあります。それらの肌悩みを解消するために、30代からは特に保湿力重視のアンチエイジング化粧品選びをしてみましょう!
コストもしっかりチェックして!
30代と言えば、まだまだ子育てにお金がかかる年代だったり、金銭的な面でも、けっこう大変ですよね。それなの無理をして高級なアンチエイジング化粧品を選ぶ、というのは、賢い選択とは言えません。