一気に減少する肌内部の成分

 

40代になると、肌内部の成分が急激に減少していきます。
コラーゲンなどの減少も著しく、一気にハリが無くなり、萎んだ肌になってしまう方もいらっしゃいます。
これらの減少する成分は、化粧品で気軽に補給することができる時代。
だからこそ、基礎化粧品の力を借りて、肌を徹底的に立て直しましょう!

 

40代で減少してしまう成分とは?

40代ごろになると一気に減少していく肌内部の成分は、コラーゲンだけではありません。
潤いを維持するために大切なセラミドや、保水力をもたらすヒアルロン酸、弾力を維持するために必要なエラスチンといった成分も、40代ごろには急激に減少してしまいます。

 

これらの成分を、ここで補給しておかないと、50代・60代になる頃にはシワやたるみだらけのカラカラの肌になってしまう可能性があるのです。

 

しっかり浸透するかどうか?

40代になって一気に減少してしまう肌内部の成分ですが、これを化粧品で補給する際、大切なのが浸透力です。
40代のお肌はターンオーバーも低下しがちで、そのため肌表面の角層が薄くなり、化粧水が浸透しにくい状態になっています。

 

そこで分子の大きな美容成分を塗布しても、なかなか肌の内部まで浸透させることができないのです。
そのため、分子を細かくしたり、様々な工夫により浸透力を高めたものを使用することが重要です。
また同時に、肌のターンオーバーを促進する工夫もしていきましょう。
マッサージなどのケアで代謝を高めると良いですね。

 

肌表面がベタベタする化粧品ではなく、ストレス無く浸透し、ケアの後に肌がふっくらとするものが理想です。
内部の成分が十分に満たされれば、触れてみてもふっくら弾力のある若々しい肌になれるのです。

関連ページ

40代になると一気に肌老化が表面化!
40代になると、一気に肌悩みが表面化してくる可能性大です!そこで、40代では特にしっかりとアンチエイジング化粧品選びをし、またケアも1つ1つ丁寧に実践していく必要があるのです。
活性酸素を除去しよう!
肌に限らず、体にも様々な老化現象を引き起こしてしまう活性酸素。そんな活性酸素を除去するためには、抗酸化物質というものが活躍してくれます。実は化粧品の中にも、こういった働きをしてくれるものもあるのです。
入れないこだわりにも注目!
アンチエイジング基礎化粧品選びの際には、「どんな美容成分が配合されているのか?」という点ばかり注目してしまいがちです。ですが、もう1つ注目すべきポイントがあります。それが、「入れないこだわり」です。