ベタベタするだけで潤ってる!?

 

40代になると、そろそろアンチエイジング化粧品を使いたくなりますよね。
そこで高い保湿力を誇る成分などを配合したアンチエイジング化粧品を購入し、ベタベタするから潤っていると思い込んでいる方はいないでしょうか?
実はこれは、化粧品選びを見直すべきポイントなのかもしれないのです。

 

ベタベタする=浸透していないかも!

保湿力の高い化粧品を使用すると、肌の表面がベタベタと感じるのは仕方のないことだと思えてしまいますよね。
ですが、この考え方は間違っている可能性があります。
なぜなら、潤いを与えるべきなのはまず、肌の表面よりも肌の内側だからなのです。

 

肌の表面がベタベタと感じてしまうということは、表面で成分が留まり、内側まで届いていない可能性があります。
つまり、浸透性に疑問を感じるべきなのです。

 

40代の肌は浸透しにくい!

40代ごろになると、そろそろ肌のターンオーバーが一気に低下してきます。
その結果、肌の表面に古い角質が溜まってしまい、ゴワゴワと硬くなってしまいます。
すると、化粧水や美容液といったアイテムが浸透しにくい状態になるのです。

 

つまり、40代からのアンチエイジング化粧品選びでは、特に浸透力をよくチェックして選ぶことが重要になります。
肌の表面ばかりベタベタしてしまうものは避け、肌馴染みが良く、使用後に内側からふっくらするようなアイテムをセレクトしましょう!

 

使用感にストレスの無いものを!

どんなに保湿力に優れた化粧品でも、ベタベタして使用感にストレスを感じるようなものは避けましょう。
ストレスはアンチエイジングの大敵です。

 

スキンケアタイムは、肌だけでなく心も癒される時間でなければなりません。
心地良く使用できるアンチエイジング化粧品を選んでいきたいですね。

関連ページ

無添加処方ってホント!?
指定の添加物を排除することにより、無添加処方ということを売りにしたアンチエイジング化粧品もあります。無添加という言葉だけに踊らされるのは危険であるということをしっかり認識しておきましょう。
翌朝に肌が変わる?
アンチエイジング化粧品のキャッチコピーなどでよくあるのが、「翌朝実感」といったものですね。ですが、翌朝実感できてしまう効果というのは、ごく限られたものであるということを覚えておかなければなりません。
アンチエイジングは悩みが出てきてから?
「アンチエイジング」化粧品というと、しわやシミが出てきてから使うものという印象があります。ですが、それでは遅いのです!
時々スペシャルケアをするから大丈夫?
アンチエイジング化粧品の中には、保湿マスクや高級美容液など、毎日使うにはもったいないアイテムもありますよね。ですが、そんなスペシャルケアに頼りすぎるアンチエイジングは、得策とは言えません。