アンチエイジングは悩みが出てきてから?

 

最近の女性は、一昔前の女性よりも見た目年齢が若々しく見えます。
そのため、40代ごろだと「アンチエイジング」という言葉はまだ早いと感じてしまう方もいるようです。
確かに、「アンチエイジング」というと、しわやシミが出てきてから行うものという印象があります。
ですが、それでは遅いのです!

 

アンチエイジングは「抗老化」!

まずはアンチエイジングという言葉の意味を考えましょう。
これは抗老化ということを意味しています。
つまり年齢を重ねることに抗うのです。

 

そのために重要なのは、年齢肌が現れてくるのを防ぐことです。
しわやシミ、たるみといった年齢肌悩みは、現れてから解消するのが、非常に難しくなっています。
そのため、まだ悩みが特にない段階から、しっかり働きかけていくことが大切なのです。

 

年齢肌悩みはダメージの蓄積が原因かも!

多くの人が抱える年齢肌悩みとして挙げられるのが、シミ・しわ・たるみ・ハリの低下といったものですね。
これらは、若い頃から蓄積され続けてきたダメージが、表面化することで起こったりするのです。

 

シミやしわは、若い頃に肌の奥深い部分に浴びた紫外線が原因で起こることが知られています。
これは真皮層に達しているため、スキンケアでは解消するのが難しいと言われていますね。

 

このように、ダメージを蓄積させると、将来の肌に多大な影響を及ぼす可能性があります。
「まだ40代だし、シミもしわも目立たないし」と考えている方も、目立ってくる前に対策していくことが大切なのです。

関連ページ

ベタベタするだけで潤ってる!?
高い保湿力を誇る成分などを配合したアンチエイジング化粧品を購入し、ベタベタするから潤っていると思い込んでいる方はいないでしょうか?実はこれは、化粧品選びを見直すべきポイントなのかもしれないのです。
無添加処方ってホント!?
指定の添加物を排除することにより、無添加処方ということを売りにしたアンチエイジング化粧品もあります。無添加という言葉だけに踊らされるのは危険であるということをしっかり認識しておきましょう。
翌朝に肌が変わる?
アンチエイジング化粧品のキャッチコピーなどでよくあるのが、「翌朝実感」といったものですね。ですが、翌朝実感できてしまう効果というのは、ごく限られたものであるということを覚えておかなければなりません。
時々スペシャルケアをするから大丈夫?
アンチエイジング化粧品の中には、保湿マスクや高級美容液など、毎日使うにはもったいないアイテムもありますよね。ですが、そんなスペシャルケアに頼りすぎるアンチエイジングは、得策とは言えません。