色々な意味で肌状態が変化する年代

 

50代という年代は、ただ単に肌が衰えるというだけでなく、色々な意味で肌状態が大きく変化する年代です。
そのため、これまで以上にアンチエイジング化粧品選びにもこだわり、丁寧なケアをしていくことが重要になります。

 

ホルモンバランスの変化に注意!

50代になると閉経し、更年期という時期に入る方も多くなります。
この更年期は、ホルモンバランスの急激な変化により、様々な困った症状が現れてきます。
そのため、肌にも大きく影響が出てきてしまう可能性があるのです。

 

特に更年期には女性ホルモンの一種、エストロゲンが減少してしまいます。
このエストロゲンは肌の潤い保持などに役立つ成分ですが、これが減少することで肌が乾燥しやすくなってしまいます。
つまり、50代は肌内部の成分の減少による乾燥と、ホルモンバランスの乱れによる乾燥、ダブルで乾燥が進んでしまうのです。

 

ストレスも原因に!

50代になると、抱えるストレスも違ってきます。
育児などからは解放される年代となってきますが、それでできた時間に働きに出ることで、職場でのストレスを抱えることもあります。
また、主婦を続ける場合には持て余した時間に、ついつい食べ過ぎてしまい、その暴飲暴食が肌状態を悪くすることもあります。

 

さらに、更年期で体調が不安定になることがストレスとなり、肌に影響することもあります。
このように、50代の肌というのは、非常に過酷な状態にさらされていると言えるのです。
化粧品選びでは、そんな過酷な状態と戦うために、楽しみながらケアができるものを選んでいくことも1つのポイントになりますね!

関連ページ

癒し効果の期待できるものを!
50代になって使う基礎化粧品選びでは、やはり保湿力は大切です。それから、ハリや弾力を取り戻すパワーも必要です。だけど大切なのは、こういった機能面のことだけではないのです。
表面化した肌悩みに対抗しよう!
50代になれば、これまで蓄積されてきたダメージが一気に表面化してきます。そうなれば、「今ある肌悩みに対抗する」ということがアンチエイジング化粧品選びの重要な課題となってきますね。