混合肌のアンチエイジング

 

Tゾーンはテカテカしてしまうのに、頬や目元、口元などは乾燥してしまう・・・
そんな厄介な混合肌の方は、アンチエイジングケアの際にも工夫が必要です。

 

化粧品の量で調節!

脂性肌と乾燥肌が混合した状態の肌の場合、しっとりタイプとさっぱりタイプを部分別に使い分けなければならないのか、と感じる方もいるでしょう。
ですが、これでは面倒ですし、化粧品も多数揃えなければならず、大変ですね。

 

混合肌の方の場合には、化粧品自体を使い分ける必要はないので、量を調整することでそれぞれの肌に合わせたケアを行いましょう。
化粧水に関しては、肌全体にたっぷりと使用します。
その後のクリーム等は、乾燥がひどい所は重ね付け、脂性肌のところは少な目の量に調整すると良いですね。

 

洗顔の順番にこだわりを!

脂性肌のスキンケアで意外と重要なのが、洗顔の際の泡を乗せる順番です。
モコモコに泡立てた洗顔料を、まずはTゾーンに乗せていきます。
それから頬などの広い範囲を洗っていきましょう。

 

こうすることで、皮脂の多い部分からしっかり落としていくことができます。
乾燥肌の部分の水分を必要以上に取ってしまうことも無くなります。
洗顔は、意外と大切なスキンケア。
これを意識するだけでも、肌の状態が変わってくるのです。

 

年齢と共に混合肌に!?

若い頃にはTゾーンのテカリなどが気になったことの無かった女性でも、年齢と共に混合肌が気になることもあります。
頬の乾燥はひどくなり、なのにTゾーンはどんどん皮脂が分泌されてしまい、どうしたら良いのか分からなくなってしまうこともありますね。

 

これは、ホルモンバランスの乱れが大きく関係していることもあります。
それから、オイルによるクレンジングを続けた結果、ダメージが蓄積されて混合肌になることもあります。

 

生活習慣を見直し、またアンチエイジング化粧品の選び方に気を付けることで、混合肌悩みにしっかり対策していきましょう。

関連ページ

敏感肌のアンチエイジング
肌が敏感で、ちょっとしたことでも強い刺激に感じてしまうという方もいらっしゃいますよね。そのような方の場合、アンチエイジング化粧品の選び方や使い方は、特に慎重にならなければなりません。
乾燥肌のアンチエイジング
乾燥肌悩みを解消するためのポイントは、まず保湿力と保水力に優れたアンチエイジング化粧品を選ぶこと。そして、保湿ケアの行い方を工夫してみることです。
脂性肌のアンチエイジングのコツ
年齢を重ねると、肌がテカリやすくなるという女性もいます。そんな状況の場合には、アンチエイジング化粧品を見直すことで、根本からの解消が目指せるかもしれません。
普通肌のアンチエイジング
普通肌というのは、水分と油分のバランスが整った、理想的な肌の状態ですが、何もせずにいれば、やっぱり肌は歳を取ってしまいます。理想的な普通肌でも、しっかりアンチエイジングはしていきたいですね!