とろみのある化粧水はマッサージ!

 

化粧水にも様々なものがありますが、中にはとろみのあるテクスチャーのものも存在します。
例えばアヤナスなどは、トロリとしたテクスチャーの、リッチな化粧水となっていますよね。
こういったアイテムは、そのとろみを活かした使い方をしてみましょう。

 

マッサージで浸透しやすく!

とろみのある化粧水というのは、肌に塗布するとベタベタ感じてしまうという方もいらっしゃいます。
そこで、マッサージを行うことにより、肌の内部まで化粧水を浸透させましょう。
マッサージをしながら丁寧に馴染ませていくと、浸透力がアップし、ベタベタ感が気にならなくなっていきます。

 

まずはコットンで全体にパッティングした後、さらに化粧水を手に取り、これを使ってとろみが無くなるまでマッサージすると良いでしょう。
こうして徹底的に、ダブルで保湿ケアすることにより、肌内部までしっとりふっくらと潤う効果が期待できます。

 

マッサージの際の注意点

化粧水を使ったマッサージの場合、あっという間に化粧水が浸透して、サラサラになってしまいます。
さらっとした感触に変わったら、すぐにマッサージをやめましょう。
無理にマッサージを続けると、肌に摩擦という負担を与えてしまい、しわやたるみの原因になってしまいます。

 

また、マッサージの際には力を入れてはいけません。
指先でとんとんとリズミカルに叩くだけでも、十分なマッサージ効果が期待できます。
力を込めず、とことん優しく行いましょう。

 

また、さらっとしたテクスチャーの化粧水は、マッサージには不向きです。
その後の乳液やクリームといったアイテムを使用する際にマッサージを取り入れましょう!

関連ページ

お風呂で保湿マスク
半身浴は、様々な美容・健康効果をもたらすことで知られていますよね。そんな半身浴の際に、アンチエイジング化粧品を使った美肌のための働きかけをプラスしてみましょう!
化粧水を冷やす!
夏場などに特にオススメのアンチエイジング化粧品の使い方が、「冷やして使う」という方法です。特に化粧水を冷蔵庫で冷やしておくと、気持ち良く使うことができます。
乳液・クリームは手で温めてから!
アンチエイジング化粧品の乳液やクリームは、年齢を重ねた肌には大切なアイテムです。これをしっかり使うことで、不足しがちな油分を補給し、水分の蒸発を防ぐことができます。乳液やクリームも、使い方にも十分に注意してみましょう。
蒸しタオルを用いた美容法にチャレンジ!
アンチエイジング化粧品は、浸透力にもこだわって作られていますが、年齢を重ねた肌というのは、古い角質が肌表面にはびこった状態になってしまっていることが多いものです。そんな時には蒸しタオルを用いた美容法にチャレンジしてみましょう!