年齢が出やすい部位のケア | 目元のケアは優しく!

顔のパーツの中でも、特に年齢肌悩みが現れやすいのが目元という部位です。目元は注目されやすい部位なので、特にきちんとケアをして、若々しい状態を維持していきたいものですね。

 

目元が老ける原因

目元が老ける大きな原因と言えるのは、この部位の皮膚の薄さです。目元はおでこや鼻、頬などの部位に比べると皮膚が非常に薄いと言われています。

 

その厚さはなんと、約0.1mm。
そのため、潤いなどを維持しにくいデリケートな部分なのです。

 

しかも目元は瞬きをしたり、表情を造ったり、メイクをしたりと、とにかくよく動かしたり摩擦したりしてしまいます。これらの状況が、目元にシワやくすみ、たるみを発生させる原因となっていると考えられますね。

目元には特別な保湿を!

お肌の潤いというのは、顔全体に必要なものです。ですが目元は特に、しっかりと潤いを補給してあげる必要があります。コットンなどでこすると刺激になりますので、化粧水をヒタヒタに浸したコットンを使い、目の上にそっと数分間置いて、じっくり潤いを浸透させてあげましょう。

 

それから、その後にクリームなどで潤いをしっかり閉じ込めます。アイクリームなどを用いてケアしてみても良いですね。こうしてきちんと乾燥を防げば、皮膚の柔軟性が保たれ、シワなどが起こりにくくなるのです。

目元の筋肉を鍛えよう!

目元は基礎化粧品によるケアで潤いを補給してあげることも大切ですが、たるみなどを解消するためには、内側からのケアも大切です。そこで、眼輪筋という目の周囲を囲う筋肉を鍛えることで、たるみ予防に役立てましょう。この眼輪筋は、普段の生活ではなかなか使わないので、意識的に鍛えることが大切です。

 

思いきり目を閉じたり開いたり、眼球をグルグルと回す、などの簡単なストレッチで、眼輪筋を鍛えることができます。やり過ぎると傷めてしまうので、1日に5分程度でも良いので、継続して行うようにしましょう。

目元の老けを予防!

目元はシワやくすみが出てきてしまっても、デリケートな部分であるために、積極的な働きかけをしにくい部分でもあります。そこで、まずは年齢肌悩みが発生しにくくなるように、予防のケアを心がけていきましょう。

 

まず目元は極力こすらないこと!
アイメイクの際にも肌に優しいコスメを使用して、優しく乗せるようにしてください。それからメイクを落とす際にもゴシゴシこすらないこと!あとは空調などに気を付けて、乾燥させないことですね。

 

これらの点に気を付ければ、デリケートな目元のお肌を健やかに維持できるでしょう。

関連ページ

口周りをスッキリ維持!
目元に並んで年齢肌悩みが発生しやすいのが、口周りです。口周りの状態で、見た目年齢が一気に左右されますよね。例えばほうれい線があるだけで、かなり年上に見えてしまったりします。それだけ口周りのアンチエイジングは、重要なポイントになるのです。
頬は面積が広いから目につく!
顔のパーツの中で、最も大きな面積を占めている部分と言えば、頬ですよね。この頬の状態がどうなっているかで、見た目年齢も大きく変わってくるでしょう。頬のスキンケアは、アンチエイジングの視点からも非常に重要なポイントなのです。