アンチエイジング化粧品が持つ本来の効果を十分に発揮させるためには、使用量をきちんと守る必要があります。
正しく使用してこそ高い効果が期待できる基礎化粧品。
各化粧品の理想的な使用量をよくチェックして、しっかり守りましょう。

 

ケチケチ使わない!

アンチエイジング化粧品を使用するにあたって、最も注意したいのが、「高級だから少しずつ使おう」という考え方です。
基礎化粧品は量が少なすぎると、塗布する際にどうしても、肌を摩擦してしまいます。

 

すると、この摩擦が肌への刺激となり、肌トラブルを起こしてしまうことになったりするのです。
また、軽い摩擦で直接肌ダメージを感じなかったとしても、日々これを続けていると、シワやたるみが起こる原因にもなります。

 

アンチエイジング化粧品は適量を守って使用すること!
もし「もったいない」と感じるのであれば、もう少しランクを落として、気兼ねなくたっぷり使える化粧品に切り替えてみるというのも1つの手です。

 

ベタベタする時は・・・

逆に使用後にどうしても肌がベタベタしてしまうという時もあります。
特に美容液やクリームに関しては、つけ過ぎると不快な使用感になってしまうので使用量には注意が必要です。

 

季節によって肌の状態も変化しますので、乾燥しやすい冬場にはクリームや美容液の量を増やし、逆に夏場には量を減らすなどの工夫をしてみましょう。

 

また、Tゾーンなど油分の多い部分は少なめに、乾燥しがちな目元や口元は多めに使用するなどの工夫も大切です。

関連ページ

刺激を感じたらすぐに止める!
年齢を重ねるほどに、人の肌はデリケートに傾きがちになります。そのため、これまで使い続けていた化粧品が急に感じることもあります。また、とても評判の良い化粧品を使用しても、肌に合わないことだってあるのです。
できるだけ長く続けること!
年齢肌悩みというのは、これまで何十年もの間、肌に積み重ねられてきたダメージが表面化してきたものです。ですから、ちょっとやそっとの働きかけでは、改善されないのが現実です。そのため、アンチエイジング化粧品をしっかり活かしていくためには、できるだけ長く使い続けることが必要になります。
できるだけライン使いしよう!
基礎化粧品のラインというのは、全てを揃えて順番に使った時に、最も高い効果が得られるように考えられています。相乗効果が実感出来るようになっている場合が多いので、「効果」という点でお得にスキンケアしたいのであれば、ライン使いするのが賢い方法なのです。